スクール名

ヘブライ文化学院

コース番号

017-00030

講座概要

今回は、創世記12章、13章、16章から学びます。アブラハムと妻サラ、甥のロトとの関係を示す箇所を取り上げて、お互いの関係が微妙に変化していく過程をヘブライ語原文の中から探っていきます。

ユダヤ賢者は何を決め手として微妙な人間関係の変化を読み取ったのか、着眼点の秘密に迫ります。後半は、サラとハガルの関係も取り上げます。

この講義ではユダヤ賢者たちの注解に当たりながら、楽しく学んでいきます。なお、特別なヘブライ語の知識やユダヤ教に関する知識は必要ありません。どなたでもお気軽にご覧ください。

目 次

公開収録「アブラハム伝(その2)」 1部 (51分)
公開収録「アブラハム伝(その2)」 2部 (44分)

講 師

阿部 望
1991年ヘブライ大学人文学部ヘブライ語学科修士課程修了。
日本ヘブライ文化協会副理事長、「銀座ヘブライ語講座」「お茶の水ヘブライ語講座」「横浜ヘブライ語講座」等、多数のヘブライ語講座を主宰。
獨協大学国際教養学部言語文化学科非常勤講師。
著書に『現代ヘブライ語辞典』『ヘブライ語入門』『わかるユダヤ学』(いずれも共著)などがある。

受講料

2,000円(税抜)

受講期間

30日

キーワード:ヘブライ語, ミルトス, ユダヤ