スクール名

ヘブライ文化学院

コース番号

017-00041

講座概要

旧約聖書のほとんどの部分がヘブライ語で書かれています。このヘブライ語を書くためのヘブライ文字は数字に置き換えることができます。ヘブライ文字を数字に置き換えると、今まで見えなかった隠された意味が開示されると昔から伝えられてきました。
聖書の句を数字に置き換えると、何が見えて来るのか、また、ユダヤ人は日常の単語を数字に置き換える「ヘブライ語数秘術(ゲマトリア)」をどのように生活に応用しているのか、果たして「ヘブライ語数秘術」というものは本当に存在するのか、具体的な例を挙げながら学んでいきます。

目 次

公開収録「ヘブライ語数秘術の世界」 1部 (48分)
公開収録「ヘブライ語数秘術の世界」 2部 (57分)

講 師

阿部 望
1991年ヘブライ大学人文学部ヘブライ語学科修士課程修了。
日本ヘブライ文化協会副理事長、「銀座ヘブライ語講座」「お茶の水ヘブライ語講座」「横浜ヘブライ語講座」等、多数のヘブライ語講座を主宰。
獨協大学国際教養学部言語文化学科非常勤講師。
著書に『現代ヘブライ語辞典』『ヘブライ語入門』『わかるユダヤ学』(いずれも共著)などがある。

受講料

2,000円(税抜)

受講期間

30日

キーワード:ヘブライ語, ミルトス, ユダヤ