IoTの概要から関連する技術要素・ビジネス活用までわかりやすく総合的に学べる大人気のIoT実践塾講座!
IoTを活用してサービスや製品を作りたい方、体系的に勉強したいけど、時間が縛られる対面講座に通うことが難しい方へ。

受講料

59,000円

受講期間

購入日から90日

本編の受講はページ下のログイン/支払ボタンから

第一期IoT実践塾の様子(2015年12月9日~2016年1月20日開催)

東京(五反田)会場で全4日間にわたり開催された集中講義を全て収録したものです。
配布された教科書も届きますので職場や自宅で実践塾を再現できます!!
2162 2163

教材(ご購入の方へ発送いたします)
講座テキスト
講座テキスト(全6冊、総218ページ)

対象

・IoTを活用した新規事業を考えている、作りたい方
・自社のサービスや製品にIoTを取り入れたい方
・IoTで何ができるか具体的にイメージの出来ない方

第一期参加者の声
・無意識で理解していた内容を表層理解出来た。(電子機器商社 SE)
・一方的な講義ではなく、考える事を促す内容が有意義。(ソフト開発会社 PG)
・実際にIoT的な実践(ソフト開発)をしたくなった。(ソフト開発会社 経営層)
・4日という限られたステージで最適な内容だった。(機器メンテナンス会社 営業・企画)

講座概要

あらゆるものがネットに繋がるIoT社会で新しいサービスを作る為には、IoT技術を構成する各要素について、その本質と役割を理解しなければいけません。それは、ソフト、ハード、ネットワークの垣根を越えた総合的なリテラシーを必要とします。
 そこでKT-NETでは、IoTの本質や機能、出来る事・出来ない事を総合的に学べる塾をご用意しました。

カリキュラム

〔1〕 IoT概論(マーケット)〔119分〕  講師 : 末石先生
1-1 IoTとは
1-2 IoTの具体例
1-3 IoTが変えるビジネスの世界
- 習熟度テスト試験

〔2〕 IoT概論(テクノロジー)〔182分〕  講師 : 末石先生
2-1 IoTを支える組込み技術
2-2 IoTを支える通信技術
2-3 クラウドとビックデータ
- 習熟度テスト試験

〔3〕 センサー&基盤〔143分〕  講師 : 末石先生
3-1 組込みシステムの基盤技術
3-2 入出力とセンサー
3-3 アクチュエータ
- 習熟度テスト試験

〔4〕 IoTとネットワーク〔153分〕  講師 : 末石先生
4-1 ネットワークの基礎
4-2 無線通信
4-3 ネットワークインフラと仮想化
- 習熟度テスト試験

〔5〕 IoTサービスのアーキテクチャ設計〔134分〕  講師 : 伊本先生
5-1 IoTを使ったサービス例
5-2 IoTプロジェクトマネジメント
5-3 IoTの全体構成設計
5-4 IoTデバイス設計&開発
5-5 ネットワーク設計
- 習熟度テスト試験

〔6〕 IoTにおけるサーバ設計とデータ分析〔97分〕  講師 : 伊本先生
6-1 IoTにおけるデータフロー
6-2 IoTに適したデータベースの設計
6-3 ビッグデータ
6-4 分散処理システム
6-5 IoTプラットフォーム
- 習熟度テスト試験

〔7〕 セキュリティ&暗号〔141分〕  講師 : 清本先生(KDDI研究所)
7-1 通信の安全性確保
7-2 端末実装における安全性確保
- 習熟度テスト試験

〔8〕 IoT設計理論〔144分〕  講師 : 高安先生
8-1 IoTビジネスマネジメント
8-2 IoTの商品企画とマーケティング
8-3 IoTの商品デザインと要件定義
8-4 IoTの開発マネジメント
8-5 IoTの品質保証設計
8-6 IoTの安全保証設計
- 習熟度テスト試験

※ 全テスト合格者に受講証明書配布(申込必要)

講 師

末石 吾朗
㈱テクノウォーカー 末石 吾朗 氏
IT関連の教育や電機系大学の非常勤講師を行っている。
基本情報処理や応用情報処理の問題集を作成している。

1977年埼玉大学理工学部電子工学科卒業。
第一種情報処理技術者、オンライン種情報処理技術者、マイクロコンピュータ応用システム開発技術者(中級)、デジタル工事担任者他の各種情報処理試験に合格し、組込み技術、プログラミング、情報処理のセミナー講師、執筆活動等を行う。
情報活用能力認定試験(J検)作問委員歴任。現在、東京電機大学講師。(株)テクノウェーカー所属。

伊本 貴士
メディアスケッチ㈱ 伊本 貴士 氏
技術コンサルタントとして様々な企業や団体の技術コンサルティングを行いながら、技術者育成にも力を入れており、高度IT技術教育のコンサルティングを企業や学校向けに行っている。
最近では、IoT分野の製品開発や教育事業にも力を入れており、ArduinoやRaspberry Pi、ビーコンを使ったIoTアプリなどの開発や教育を行っている。

高安 篤史
合同会社コンサランス 高安 篤史 氏
早稲田大学理工学部 卒業後、大手電機メーカーで20年以上に渡ってストレージ製品などの組込みソフトウェアの開発に携わり、プロジェクトマネージャ/ファームウェア開発部長を歴任する。自身の経験から「真に現場で活躍できる人材」の育成に大きなこだわりを持ち、その実践的な手法は各方面より高い評価を得ている。DFSS(Design for Six Sigma)に代表される信頼性管理技術やプロジェクトマネジメントに関する造詣も深く、ハイスキル人材の育成にも定評がある。2012年8月合同会社コンサランス設立し、代表就任。

・中小企業診断士:神奈川県中小企業診断協会所属
・情報処理技術者(プロジェクトマネージャ、応用情報)
・2011年IPA(独立行政法人情報処理推進機構)SEC journal No.25にて、論文「DFSS(Design for Six Sigma)による組込みソフトウェアの品質改善」発表
・「ETEC(組込み技術者試験)・クラス2」グレードA